これは・・・目元の保水について

眼のまわりは外皮がガーゼほどの薄さしかないので、些細な刺激によってしわといったものが起きやすい部分です。そのためにも、毎日の入念な眼元ケアが必要不可欠になる部分であり、肌ケアを続けることによってちりめんじわや黒クマ、目の下の弛み等の状態を解消する事が可能です。

お手入れをするときには、状態に合わせた目もとケアを継続していくことが肝心です。保湿美容ゲルも肌のコンディションに適したものがお店でたくさん販売されているので、悩みにあわせた種類を使用してみることが肌の悩みの改善にイイと考えます。

肌の乾燥が悩みのタネといった際では、セラミドもしくは保水力のあるヒアルロン酸、コラーゲンなんかのモイスチャー成分が含まれたものを使用することがお奨めのケアです。セラミドは水分保持力がとても高いため、肌の水分不足などが原因の乾燥に現れる目の周りの縮緬ジワに効果抜群です。

目もとのくすみが悩みという時には、美白成分であるvitaminCderivativeがお薦めです。ビタミンC誘導体はコラーゲンの合成を促進させる成分で、日焼けした際や肌へのダメージが原因で生成されたメラニンによって出来た色素沈着や縮緬ジワに効き目があり、シワをちゃんとケアしたいというときにはレチノイン酸が配合された化粧品がオススメだとされています。肌に優しく安定した成分で美容液などに配合されているレチナールと呼ばれている化合物はvitaminAのことを言います。皮膚にも重要なビタミンで傷ついた肌の粘膜や細胞を再生させてコラーゲンやElastin、hyaluronanを造り出します。

しかし注意したいのが、vitaminCderivativeやRetinolというのは皮膚のあまり丈夫じゃない人には刺激があらわれる可能性もあります。なので、安全に使用する前には出来るだけ二の腕などにそれらを塗りパッチテストをやって肌の様子を見て使用されることが大切です。そして、眼もとの御手入れを行うときはオイルクレンジング剤etcにも気を遣うことが肝心です。