今回は目元の保水について調べてみた

目もとは皮膜がハンカチほどの薄さしかないですから、少しの刺激によってくまなんかがおきやすい場所なんです。その為、日頃からしっかりとしたお手入れが大事になる箇所であるとも言え、お手入れを続けることによってシワや青クマ、たるみといった肌トラブルを解消することが可能です。

スキンケアをする際には、肌のコンディションに見合ったケアを続けていく事が必要不可欠です。保湿美容液も皮膚の状態にマッチしたものがお店で販売されているので、肌の状態に合った物を選ぶことが肌の悩みの改善に有効だとされております。

乾燥が悩みのタネといった時には、保湿成分を含んだセラミドまたはヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲンなどといったモイスチュア成分が配合されたものがオススメとなります。保湿成分は保湿機能が高いため、肌のケア不足などが原因の乾燥によってできる目もとの縮緬ジワに効果ばつぐんです。

顔のくすみが悩みとなる時だと、美白対策に効果があるビタミンC誘導体がお薦めです。vitaminC誘導体はコラーゲンの生成を活発化する働きがあるので、紫外線または皮膚の炎症などで体内で生成されたMSH(メラノサイト刺激ホルモン)によって出来たしみやしわに効果があり、しわを本気で解消していきたいというときにはレチニールエステルという成分が効果的だといわれてます。お肌に優しく安定した成分で美容液などに配合されている酢酸レチノールと呼ばれている化合物はヴィタミンAのことを言います。ビタミンAは体作りに大切なビタミンで傷んだ細胞をリカバリさせCollagenやElastin、ヒアルロン酸を生成します。

そこで使用される前に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやRetinolというのは肌の過敏な人には肌負担が強い場合も考えられます。なので、肌トラブルにならないように使用前に必ず手の平などにそれらを塗りパッチテストを行って肌の様子を見て使うことがおススメとなります。そして、眼もとのcareを行う際にはクレンジングなどにも気をつける必要が大事です。