例の目元の保水のこと

目の周りは皮膚が体の中で最も薄いので、些細な刺激によってくまの発生しやすいところです。そのため、しっかりとした目元ケアが重要になるポイントともいえ、それらの対策を継続していくことによってしわや黒クマ、目の下の弛みといったトラブルを解決していくことができます。

スキンケアをするときには、肌のコンディションに見合った目元ケアをすることが重要です。保湿化粧品も悩みに適した物が色々取り扱いがあるので、肌の状態に沿った化粧品を使用してみる事が肌トラブルの改善に有効的だと考えます。

目元の乾燥が悩みなんてときだと、保湿効果の高いセラミドもしくは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の美しさを整えるコラーゲンなどのモイスチャー成分が入ったものを使うことがお薦めとなります。コラーゲンは水分保持力が非常に優秀なため、乾燥に現れる目もとのちりめんじわに非常に効果的です。

くすみが悩みという時には、美白成分であるヴィタミンC誘導体がお勧めです。vitaminC誘導体はコラーゲン生成を活発にする働きがあるもので、日に焼けた時または皮膚の炎症が原因で体内で合成された活性酸素によって起こる色素沈着やシワに効き目があり、しわをしっかり解消したいという場合にはRetinolが配合された化粧品がおすすめだと考えられています。肌への刺激が少なく安定して化粧品に使用している酢酸レチノールはビタミンAのことを言います。ビタミンAは体作りに重要な成分で傷んでしまった肌細胞を修復してcollagenやElastin、hyaluronic acidを体内で作り出します。

ただし注意したいのが、vitaminC誘導体やレチニールエステルといった成分は皮ふのあまり丈夫じゃない人が使用した場合肌負担が出るケースもあるようです。そのため、皮膚トラブルを避けるように使うためになるべくパッチテストをしてから使用していくことがおススメです。また、眼元のお手入をする際にはクレンジングゲルetcにも気を遣う必要が大切です。