例の目元スキンケアについて

瞼や目じりを被っている表皮は薄いため、些細な刺激でも肌トラブルに繋がりやすいとても繊細なところなのです。目・鼻・口といった顔のパーツの中でも特に眼元はちりめんじわが出来やすいので、悩んでいらっしゃる方も非常に多いとないでしょうか。

目もとにちりめんじわが作られてしまうという要因は人によってさまざまで、ウォータープルーフのマスカラやリキッドタイプのアイライナーなどのアイメークをちゃんと落としきる事がしっかりされていないために素肌にストレスを与えていたり、洗浄力がパワフルなクレンジング剤を使う、洗う時に力が入りすぎしまうことで肌に必要な潤いまで洗いながしていたり、保湿が不十分なあったりすることが考えられます。そして、コンピュータやスマホの使いすぎは目に負担をかけ、不規則な生活や徹夜が度重なることで更に目の疲れが取れない原因に繋がってしまいます。その結果この眼疲労も皺の原因になるかもしれないので注意が必要です。

それらの生活習慣の積み重ねによって出来る眼元のシワを増やさないようにするためには、メイクを落としたいときは必ず眼元メイク専用の洗顔料を使用し、アイシャドゥがきちんと落ちてない部分がないよう優しく洗います。さらに、肌に水分をはさみ込むはたらきがあるセラミドやコラーゲンなどが豊富に入っている美容液などを使い丁寧にスキンケアを行っていくようにします。目元用のパック等もしわ対策に効果的なのでお薦めです。

目の疲れを軽減する方法の一つに、ホットタオルを当てて血流を良くしたり、スマホなどのデジタル機器を使うときには60分に1度休憩をはさむことも目に良いとされています。そのほかの対策としては、日焼け対策に日焼け止めパウダーを塗る、紫外線A波をブロックするサングラスをかける事などといったこともたいへん紫外線予防に効果的です。そして、目の周りをこすらないように注意することもだれでも簡単に出来る疲れ目対策と言えるのではないでしょうか。